>

代理婚活を成功させるには

代理婚活は、出会いのきっかけ作りに

子供の将来を心配して、親同士が婚活パーティーなどで出会いを求める代理婚活は、平成に入って盛んになりました。少子化や、女性の社会進出などいろいろな要因で結婚できない男女が増えたせいでしょう。
パーティーを主催するのは住宅メーカーの子会社などの場合もあり、結婚後の住居探しやリフォームを見込んだものもあるようです。いずれにしても適齢期の子供をもつ親は真剣で、積極的です。お互いの家族構成や家庭環境などが分かりやすく、後でトラブルになりにくいのがメリットといえます。
子供の気持ちとしては、少し疎ましかったり、男性の場合はマザコンと思われるのではと、恥ずかしかったりしながらも、ありがたいと思っていることが多いようです。
ただ、やはり結婚するのは本人たちなので、親がいくら良いと思う縁でも本人たちはしっくりこなかったり、成立に結びつかないことも少なくはありません。出会いのきっかけと考えるとよいでしょう。

婚活の現実と自分磨き

1980年代には「高学歴・高身長・高収入」というのが、結婚相手に求める条件でしたが、90年代、2000年代と時代の移り変わりとともに女性の理想も変わり、現在は「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」に変わっています。家事や育児を手伝ってくれて、無駄遣いをしない、またリストラのリスクが少ない男性が理想となっています。
また、男性の方も共働きを希望する人が多くなっています。
理想に近い結婚を求めているなら、まずは行動を起こしましょう。待っていてもなかなか出会いは訪れません。相手に理想を求めるだけでなく、もちろん自分磨きも忘れないことが大切です。そして、婚活には時間がかかることを念頭に置いて結婚したいと思う年齢より少し早めに始めましょう。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ